カテゴリ:懐かしい麻。リネン( 2 )

☆ 小さいときからクロスステッチ ☆


e0078883_1644101.gif




   フランスは、とても暑い毎日が続いています。そして、WCUP午後の
   15時から、夜の22時まで、3試合あるので、とうとう寝不足・・・・・・・
   フット・ボールのファンではないけど、1998年のパリ大会で、入場券
   のFIFA詐欺事件にあった多くの外国の方にたちを目前にして、

   当時何人かの日本の方に、他の国の参戦を知人の方にお頼みして
   取っていただいた思い出があります。 パリ中、そして郊外まで、
   外国の方があふれていたあの一月・・・・・・・パリは、完全に征服され
   
   た、暑い夏・・・・・・・それから、4年に一度のWCUPだけは、見る事に
   しています・・・日本チーム、頑張れ・・・・♪♪♪






e0078883_16563259.jpg




    先回の日記で、2ヶ月も探し回っていた、アンティーク・・・・・・・

    クロスステッチのサンプラーでした。

  以前にも日記にかきましたが、女の子が生まれると、
リネンの布を、記念日やお誕生日にプレゼントします。
     キッチンクロス、シーツ、その他の小物に自分のイニシャル

    を、赤や白、ブルーの糸をいれて、お嫁に行くときは、一生分の
    使い切れないほどのリネンを持っていったんです。





e0078883_1794496.jpg




    女の子が5歳くらいになると、まわりのおば-ちゃん、お母さんから、
    まずは、ABCのステッチの練習をさせられます。 現在残っている
    子供のABCのサンプルには、自分の名前と、日にちを入れ
    ておきました。 1940年ごろになると、自分で考案しなくてもいい、
    ようにと、モノグラムの図鑑までありました。

   上の図鑑は、ドイツ語、ロシア語、フランス語とで出版されていて、
    1950年代までに、780,000部も、すられていたそうです。

    小さい頃から、手に職を持たせようとする親心も感じられて、
    小さな手で、ちくちくとサンプラーを作り上げていった事でしょう!
    当時は、女性のお仕事は・・・・・手仕事のみでしたから!



 
 
e0078883_17525928.jpg
 




    可愛いですね! クロスステッチの歴史、それは、女性の
    社会進出の歴史にも通じているんですね!!!!!
    彼女たちの、忍耐強さに超感激!!!しちゃいました (^^)*
    ほとんど、現存してるサンプラーは、1年とか2年の歳月をかけて、

    作り上げているののがわかっただけでも、今回の買い付けは、
    勉強になりました。 20.30枚は見てきました~~~(苦笑)
 
    ・・・・バイヤーとして 、勉強ができて・・・・・
    感謝しています。 クロスステッチ の 世界にふれられて♪♪♪


  



    ワンクリックお願い♪♪♪人気blogランキングへ
e0078883_18373024.gif


    


    
    



    
[PR]
by petit-simon | 2006-06-14 16:44 | 懐かしい麻。リネン

☆ 日常使いのリネン ☆


e0078883_5323431.gif



  ほんの少し暖かな日差しがではじめて、毎日、霧雨が降るようになり、
  いよいよ春もそこまでちかずいてきました。 冬から春にかけては、雨の
  日が多くて、それを超えると春になります。 待ち遠しい!!




 
e0078883_5375538.jpg




  2月はまだ古物市の冬眠している時期ですが、あの先日あった、おばあさん
  のおうちまでリネンの買い付けにいってきました。
  山のように欲しいものが沢山あったのですが、次回にまわして、
  古い、古いリネンのキッチンクロスのみ購入。これでも、運ぶのには

  大変でした。(笑)  ご存知でしょうが、食器を洗った後は、私も、
  最近はリネンの布巾のみ使い、拭くことにしています。 拭き終えたグラス
  このぴかぴか感が気持ちい~~~い! 最高の、仕上げにお皿拭きも

  楽しい気分になってきます。 100パーセントリネンの手触りはいいも
  のです。 アンティークリネン、これから、何十年もつかいきって、
  娘がお嫁に行くときに、ヨーロッパの伝統にならい、何枚かもたせて
  やるつもりですが・・・・・・・あと、まだ、10年もさきのことでしょうが・・・


  昔は、良家のお嬢さんといえども、自分のイニシャルを縫い付けて、
  両親や家族から贈られる、リネンのシーツや布巾を一枚一枚、

  思いをこめて作り、いまでも、すべて手作りのアンティーク・リネンが
  残っています。 そんな、針のあとを眺めるのも、たのしみですよ。



  

e0078883_6292928.jpg




   このリネンが、今私のキッチンで大活躍している、ダマクス織りの
   一枚です。しゃきっとした手ざわりで、洗濯して陰干しをして、アイロンは、
   ほとんどかけません。 古いものなので、しみなどがありますが、

   まさに、手に入れた時は、どこかのお店やおうちで、たんすの中で
   しまわれていた様子>新品でしたが、空気の流通しないところに
   おかれていて、当然フラックスのしみが出てきていました。  

   でも、何十年も、私のところで活躍する日を待っていてくれた~~~~~
   と思うと、ほろりとしてきます。  使い心地には最高点を

   付けてあげます。 *(^^)*  おかげさまで、グラスやお皿は
   ピカピカと輝いております @@@@





  
e0078883_6465734.jpg




    帰り道は、小さな駅の公園を一枚、子供は、だれも遊んでおらず、
    可愛い笑顔がのぞけなくて、残念でした!!!
    
    



               ありがとう、ワンクリック人気blogランキングへ  





  
[PR]
by petit-simon | 2006-02-17 06:50 | 懐かしい麻。リネン