カテゴリ:ちょっぴり芸術( 5 )

☆  ビスコンティ賞を獲得して、パリで個展を !!! ☆

e0078883_1833694.gif




   こんにちは! しばらくお仕事に追われておりました。
   皆さん、お元気ですか?????  こちらは、とうとう秋模様で、
   とても穏やかな10月を迎えております。 お天気もよく、10月には
   珍しく暖か・・・・・・・



e0078883_18384818.jpg




   相変わらず、毎週市には顔を出しています!!! 先週の週末も
   秋日和の過ごしやすい、蚤の市めぐりができました。 楽しいものを
   たくさん購入はしているものの、お店の更新が出来なくて・・・・とほほ
   だれか、ヘルプして^~~~~~状態です(涙)




e0078883_18451098.jpg




   土曜日の午後は、友人の経営してる Galerie Atelier Visconti 
   画廊のオープン前に、お寄りしてきました。 日本から、わざわざ
   パリで個展をなさる方たちがいるのにも、ビックリでした!!
   



e0078883_1935964.jpg



 入り口から入ると、なんともレトロな雰囲気の内装に、たまには、
   こんな空間を楽しんでる時間が大切なんですよね・・・・・・いつも、
   追われている自分に→ 反省!!!!
   




e0078883_19154327.jpg





   地下室も、展示場に綺麗に改装されています。昔は、ワインを
   貯蔵していたらしいのです・・・・・・・・ (^^)
   この画廊は15年前から
   パリの6区、画廊街にあり、毎年、「ビスコンティ賞」という公募展を
   開催しています。 参加者のなかから、審査されて賞をもらう、アーチスト
   サンたちに、1週間のパリでの個展を提供しています。
   場所は: 4 Rue Visconti Paris FRANCE.

   参加受付の期間は2007年2月15日より3月1日まで。

   参加、ご希望の方には、仔細、日本での連絡先など、
   メールにてお送りいたします。 
   多数のアーチストさんのご参加お待ちしております。

   メールは:petit-simon@wanadoo.fr



e0078883_19322812.jpg

e0078883_19333962.jpg




    今日の日記は、友人の所の宣伝です。秋ですもの、芸術の秋・・
    ゆっくりとして、ちょっぴり美術館めぐりをしたい気持ちに
    なりました~~~~~。 




      ワンクリックありがとう♪♪♪人気blogランキングへ
e0078883_18373024.gif



     いつも、クリックのお願いばかりで、ごめんなさい!!!!!!
     皆さんのHPのクリックにお伺いいたします。
     

     お店の方の見学もよろしく!!! まだ、商品もすくなく、また、
     写真の腕前も、うまくなくて・・・・・でも、何とか、頑張って更新の準備
      しております。  
     写真の映りがいまいちで、毎日、商品写真の練習をしていますが、
     写った画像を見ては・・・凹ンでおります。  (~~)-**
     




  



    

    


    
[PR]
by petit-simon | 2006-10-11 19:07 | ちょっぴり芸術

☆ 探していたものにやっと出会えました ☆


e0078883_2361564.gif





   今日の日記は、宝物にとうとう会えた話です! (笑)
   パリに行く予定が・・・・・またもや、行けなくて・・・・・、パリに行く前に、
   欲しいものがゲットできたので・・・・・、途中で帰宅。




   
e0078883_23115834.jpg




   上の写真は、今年の春の、モンマルトルの「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」
   例のルノアールが「木漏れ日」という作品を仕上げた実際に
   この中庭がぶたいになっていました。 いまでも、レストランとして
   存在しています。 私は、今年の寒い春の間に、このレストランの

   前を通り、以前から探していたものに出会いました。



e0078883_2319471.jpg




   いつもの事で、早朝の準備中。この前を右に回った時に、
   窓越しに、ちらりとあの赤いシャンピニオンのきのこ頭が・・・・・・・・





e0078883_2324852.jpg




   目に入ったので、急いで写真におさめておきました。 
   このきのこ頭のキャにスターは、以前からアンティークショップの
   オンラインでみて、あまりの可愛さに、ほしかった~~~~~のです。
   高価なんのに、ビックリ。

   やはり、格式あるレストランには、高級感のほかに、
   優しさが求められていて、インテリアーにアクセントつけて、
   お客様の気分をくつろがせるように飾られているようでした。

   あまりの可愛さに、
   ため息が出るほど・・・・





e0078883_23362419.jpg





    そして、昨日、1年も探していたキャ二チャンに会えたのです!!
    ---------  (うれし涙)、もちろん値段の交渉してすぐにゲット
    してきました。  仕事場のテーブルに置くだけで、なんとも
    暖かい空気に包まれています。

    当分は、おうちで眺め暮らしてしまいそうですね・・・・・、コレクター
    としては十分ラッキーなんですが・・・・・・・バイヤーとしては、
    失格かも・・・・・(苦笑)

    
    可愛い!



ワンクリックお願い♪♪♪人気blogランキングへ
e0078883_18373024.gif

   
[PR]
by petit-simon | 2006-06-04 23:47 | ちょっぴり芸術

☆ モーモー アート ☆


e0078883_1252938.gif





    お天気もよく、お仕事しながら、昨日は、オペラ界隈の空気を吸いに、
    早足で通過してきました。  沢山の旅行者の方たちに、すれ違い
    ちょっと観光している気分をあじわえました。

    

e0078883_1293567.jpg





    オペラ座の前で、可愛い天子さんたちに出会いました。 
    お天気につられて空からまいおりてきて、ペイントしています。

    ちなみに「お誕生日おめ・・・・・・・」 と、 途中まで書き込んで
    いる様子。 お茶目な、後姿と、はしごをかけているところに、
    なんとも言えず癒されました!!!




e0078883_133207.jpg





     モーモーアート、ユーモアたっぷりに、サングラスをかけて、
     ミルクを運んでいる、モーモー君、今パリ中で一番の人気者では
     ないかな~~~~~、パリ市が毎年、5月になると主催してる

     アートなまちずくりの催しです。 数年前は、巨匠、ピカソの彫刻
     までも、町の広場に持ち出して、市民を楽しませてくれました。
     パリは文化的な行事をいろいろと計画していて、やはり、
     「芸術のまち」なんですね。



e0078883_1485255.jpg





     急に日差しが強くなってきたので、やはり旅行者の方も
     サングラスをかけてます。 早朝のオペラ界隈です。

     早めに切り上げて、次は、バスチーユのオペラ座にむかいます。




e0078883_252675.jpg




      またもや、モー君がおりました。 昨日は、一日中モー君に追いかけ
      られちゃいましたが、この分だと、シャンゼリゼとか・・・・他の、
      美術館とかで、モー君を見られるのかな?????

      バックは、バスチーユ(フランス革命の記念すべき所)のオペラ座
      前です。 この近くで、アンティークのお店を見学・・・・・
      また、アンティークの見本市も5月の14日まで、開催してるので、
      もう一度、行かなければならない!

      5月は、いろいろイベントが多いので、パリに行く日がふえそう・・・・



         -------------

     これから、沢山の写真を公開してゆきます。 プティ.シモンと一緒に
     郊外の町めぐりをいたしましょう。6月の末まで、古物市をめぐりの
     予定です。 本当は、地方にもでかけたいのですが、ちょっと、

     今年は、バカンスにも行けない状態のになりそうです。オンライン
     ショップも本当にのろのろと進行している間に、 注文が入って
     きたりと不思議です。もしも、シモンのサイトに来られる方で、

     商品を見てみたい方がいられましたら、コメントいただけたら、
     ごれんらくさせていただきます。
     よろしく、お願い申し上げます。
     






      
        
   ワンクリックお願い♪♪♪人気blogランキングへ
e0078883_18373024.gif







     
[PR]
by petit-simon | 2006-05-06 01:42 | ちょっぴり芸術

☆ パリの学校・・・・・学芸祭みたい!!☆


e0078883_23204275.gif



   娘の進学校を見学してきました。「学校見学体験日」 というのが、毎年、
   2月から3月に開かれています。 15歳の娘は、高校受験に、3校の
   希望校を選ばなくてはならず、其の準備に、アートの高校を
   に行きましたが、子供たちの、作品展も同時に紹介していましたので、

   今回は、アンティークに関係にない各校めぐりですが、退屈しないでみてね!!




e0078883_23193646.jpg




  
    ここは、パリ6区、学園都市なのですが、小さな講堂には子供たちの
    共同作品がならんで、父兄を歓迎してくれました。 夢のある、子供達の

    持っている作品たちの「顔」 なかなか、優しくて愉快な仲間・・・・漫画の
    世界でしょう> ところで、この日本の漫画が、世界中の子供たちに
    人気があって、「ベルサイユのバラ」とか「リボンの騎士」、「魔法使い
    サリー」、などなど、此方のテレビでいまだに放映されていて、

    最近では 「ピカチュウー」も人気者。
    「漫画」 という言葉まで、フランス語の辞書にでていて、MANGA
    誰でも通じるフランス語にまでなっているんです。  海外に住んで、
    漫画の普及は・・・・・私たちの誇りです!!




e0078883_23334833.jpg





    この高校生の男の子は、木工科の生徒さんで、この機会を利用して
    アトリエで製作された、椅子を販売してました。 残念ながら、彼らの
    椅子は、時間がなくて見てこられなかったのですが、 子供の頃から

    家作りに、または、物作りに興味があるのが、此方の男の子、
    ハンサムなので、ちょっと、一枚・・・・・・・可愛い!! 各クラスでは、

    生徒さんたちがデザインしたハンドバック、エレクトリックアート(
    色つきのランプ)、デッサン画があって、写真を撮りましたが、
    著作権のあるものは、ブログで公開できないので、構内の
    様子だけをおみせします。






e0078883_2342979.jpg





   そして、一番感激したのが、このお部屋でした。 ちょうど、先生がいて
   立ち話をしたのですが、向こうから 「あなたたちは、日本人ですか?」

   と声をかけてくれました。「わかりますよ~~~ね! この作品は、日本の
   イメージなんですよ!」 と説明してくれて,、もちろん、千羽鶴折り紙

   のヒントを得て、部屋一杯のリボンを飾ってみせています。 すばらしい、
   はっとさせられるような、夢のあるうつくしさでした・・・・!! 光輝いて
   人がクラスに入ってくるたびに、ゆらゆらと輝いて・・・・・綺麗~~
   なのです。

   そして、このリボンの中に、小さな通路があって、其の中にはいって
   ゆくと生徒さんと先生が、学校の様子を説明してくれます。 私は、
   この小さな学校が、人目で気に入りましたが・・・・・娘は、あまり、
   気乗りではない様子・・・・・同じクラスの子供たちと離れるのが

   いやだそうで、近所の高校に行きたいみたいです!!



           ありがとう、ワンクリック人気blogランキングへ






       -----------------------

   追記: 写真は20枚くらいとってきましたが、ほんの少しUPした
        のです。 こちらの、学校も、5年ほど前に、パリ郊外で
        先生と子供の人質事件がありました。 それ以来、
        学校は、普段許可なくして入り込むことができません。

        そんなわけで、普通は見学できないところなんです。
        写真も控えめにしました。
[PR]
by petit-simon | 2006-02-26 23:39 | ちょっぴり芸術

★ 誰がいたずらしたの ??? アートな落書き → ★


e0078883_4163048.gif



 PCの引越しで、こんな写真を以前に撮っていたのを見つけました。
珍しいので、書き込みしてます。お笑いくださいね  ♪♪♪

よくパリのモンマルトルに出かけてゆきます。クリニヤンクールの蚤の市の
近くということもあり、朝早すぎるときは(お店は9時とか10時開店)、
メトロの駅、クーランクール駅前でコーヒー飲んでいま~~す。

この駅は、モンマルトルの丘の裏側にある小さな隠れた
ような場所にあるので、旅行者の人たちもみかけますが
住民たちの利用者が、圧倒的に多い駅なんです。



 
e0078883_3563924.jpg



   ■ あるとき、この駅クーランクールから、エレベータに乗るつもり
      でしたが、あまり人が多くて地下におりるエレベータにのれず、
      階段をおりるはめになりました。 そして、このアートな

      落書きをみつけた!!。 暗い階段を、どんどん下りてゆくと、薄暗い
      蛍光灯に照らし出された絵の上に、いたずらっ子が・・・・・・・・

      黒くて、何が描いてあるのかわからないなぞの文字を残して
      いる~~~~~誰が、描いたのか~~~~な~~~と、
      思いながらメトロに乗り込んだんです。





e0078883_4141358.jpg




  ■  その駅から、メトロをとるたびいつも階段を下りたり、あがったりして、
      いつしか、階段の壁画が現れるたびに立ち止まりながら、

      絵画の鑑賞していたある日、壁をきれいに洗っている人がいるのに、
      気がつきました。 もちろん聞きましたよ、「なぜ、消してるか??」

      答えは、いたずら好きのパリっ子が、あまりに落書きをするので、
      パリ18区の職員は、毎月、壁全体のお掃除をしていたんです。
      

      モンマルトル、観光客が多い所ですから、汚いいたずら書き
      を消して、新しく壁画を描いているのだそうで、 一年に、2度ほど
      新しい壁絵が出現します・・・・・・・・・

      そして、消しても消しても、壁画の上には、このようないたずら書きを
      残して行くのは・・・・いったい、誰なのでしょうか  ?? 

      アートな落書き-----私の秘密の美術館なんですが、
      こんなところにもフランス人のセンスがうかがわれて、
      大喜び、わくわくしながら階段をおりてゆきます・・・・・・ *(^I^)*




e0078883_52251.jpg




  ■   上の写真が、モンマルトルの丘、パリ全体が見渡せる。
       いつか、モンマルトルの話も書きたいな~~~時間がなか!!

       でも、この丘にはかつての巨匠、若き日のピカソ、ゴッホ、
       ユトリロなどがすんでいた面影が残っている町です。

       古くてよきものをいつまでも保守的に残そうとしている・・・・・
       アンティークな町並みでしょう ♪♪♪




      ありがとう、ワンクリック人気blogランキングへ
[PR]
by petit-simon | 2006-01-20 02:54 | ちょっぴり芸術