<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

☆ パリの学校・・・・・学芸祭みたい!!☆


e0078883_23204275.gif



   娘の進学校を見学してきました。「学校見学体験日」 というのが、毎年、
   2月から3月に開かれています。 15歳の娘は、高校受験に、3校の
   希望校を選ばなくてはならず、其の準備に、アートの高校を
   に行きましたが、子供たちの、作品展も同時に紹介していましたので、

   今回は、アンティークに関係にない各校めぐりですが、退屈しないでみてね!!




e0078883_23193646.jpg




  
    ここは、パリ6区、学園都市なのですが、小さな講堂には子供たちの
    共同作品がならんで、父兄を歓迎してくれました。 夢のある、子供達の

    持っている作品たちの「顔」 なかなか、優しくて愉快な仲間・・・・漫画の
    世界でしょう> ところで、この日本の漫画が、世界中の子供たちに
    人気があって、「ベルサイユのバラ」とか「リボンの騎士」、「魔法使い
    サリー」、などなど、此方のテレビでいまだに放映されていて、

    最近では 「ピカチュウー」も人気者。
    「漫画」 という言葉まで、フランス語の辞書にでていて、MANGA
    誰でも通じるフランス語にまでなっているんです。  海外に住んで、
    漫画の普及は・・・・・私たちの誇りです!!




e0078883_23334833.jpg





    この高校生の男の子は、木工科の生徒さんで、この機会を利用して
    アトリエで製作された、椅子を販売してました。 残念ながら、彼らの
    椅子は、時間がなくて見てこられなかったのですが、 子供の頃から

    家作りに、または、物作りに興味があるのが、此方の男の子、
    ハンサムなので、ちょっと、一枚・・・・・・・可愛い!! 各クラスでは、

    生徒さんたちがデザインしたハンドバック、エレクトリックアート(
    色つきのランプ)、デッサン画があって、写真を撮りましたが、
    著作権のあるものは、ブログで公開できないので、構内の
    様子だけをおみせします。






e0078883_2342979.jpg





   そして、一番感激したのが、このお部屋でした。 ちょうど、先生がいて
   立ち話をしたのですが、向こうから 「あなたたちは、日本人ですか?」

   と声をかけてくれました。「わかりますよ~~~ね! この作品は、日本の
   イメージなんですよ!」 と説明してくれて,、もちろん、千羽鶴折り紙

   のヒントを得て、部屋一杯のリボンを飾ってみせています。 すばらしい、
   はっとさせられるような、夢のあるうつくしさでした・・・・!! 光輝いて
   人がクラスに入ってくるたびに、ゆらゆらと輝いて・・・・・綺麗~~
   なのです。

   そして、このリボンの中に、小さな通路があって、其の中にはいって
   ゆくと生徒さんと先生が、学校の様子を説明してくれます。 私は、
   この小さな学校が、人目で気に入りましたが・・・・・娘は、あまり、
   気乗りではない様子・・・・・同じクラスの子供たちと離れるのが

   いやだそうで、近所の高校に行きたいみたいです!!



           ありがとう、ワンクリック人気blogランキングへ






       -----------------------

   追記: 写真は20枚くらいとってきましたが、ほんの少しUPした
        のです。 こちらの、学校も、5年ほど前に、パリ郊外で
        先生と子供の人質事件がありました。 それ以来、
        学校は、普段許可なくして入り込むことができません。

        そんなわけで、普通は見学できないところなんです。
        写真も控えめにしました。
[PR]
by petit-simon | 2006-02-26 23:39 | ちょっぴり芸術

☆ どんなコーヒーをご愛用 ☆

e0078883_242694.gif



  まだ。お天気が良くないひびですが、皆さんおげんきですか? 今週も、
  まだ、沢山の仕事の山におわれながら、何とか健在で~~~す。

  たまには、プールに行きたい願望に駆られていますが、もう少しの辛抱と
  PCの前に座っております。


e0078883_246924.jpg




   先週は、蚤の市をお休みして、パリの20区(パリは1区から20区に
   分かれている。) ちょうど、パリの右側の端っこ、NATIONの
   近くに用事でいってきました。 このあたりも、庶民のすんでる

   きのおけるところなのですが、朝早めに行ったので、
   時間まちしながら、町の中を散歩していたら、こんな

   御うちを見つけました。このあたりは、アーチストのたまり場で、よく、
   珍しい家を発見します・・・・・いろいろな、珍しい石の家をよくみかけ、
   家の写真を撮るのがすきなのですが・・・・・・・パリの街中に残って

   いる家は、表通りからは見えないので、建物の中に入り込むと、
   このような、風情のある家を発見します。

   (蚤の市で、去年も沢山写真をとりましたので、これから、時々
    ご披露いたします。 家って、いまだに私の夢なのです。)



e0078883_2563327.jpg




   石畳のコケの生えてるところに、なぜか気になったりして・・・・・・・・
   (笑)
   



e0078883_391512.jpg





    それから、帰りには、ナションの駅の角にあるキャフェで、一杯の
    コーヒーをいただきました。 フランス人のコーヒー好きには、驚く

    ことに、一日4,5杯はエクスプレソを飲んでいるので、コーヒーの
    味にはものすごくうるさいのです。

    引き立ての豆の匂い。コーヒーミルの年代ものが、台所でいまだに
    使われているのを見ると、なんだか嬉しくなるの・・・・・・・・・・です。





e0078883_4371958.jpg





     今、我が家でもマランゴというアラビアコーヒーを毎週、一缶を
     あけますが、この国で暮らすと、どこの国の人でも、必ず、
     自分にあったお豆をえらんでしますようになります。 

     コーヒーがないと、一日がはじまら ないのです。**(~~)**



                ありがとう、ワンクリック人気blogランキングへ




    
[PR]
by petit-simon | 2006-02-23 03:18 | お店の話

☆ 日常使いのリネン ☆


e0078883_5323431.gif



  ほんの少し暖かな日差しがではじめて、毎日、霧雨が降るようになり、
  いよいよ春もそこまでちかずいてきました。 冬から春にかけては、雨の
  日が多くて、それを超えると春になります。 待ち遠しい!!




 
e0078883_5375538.jpg




  2月はまだ古物市の冬眠している時期ですが、あの先日あった、おばあさん
  のおうちまでリネンの買い付けにいってきました。
  山のように欲しいものが沢山あったのですが、次回にまわして、
  古い、古いリネンのキッチンクロスのみ購入。これでも、運ぶのには

  大変でした。(笑)  ご存知でしょうが、食器を洗った後は、私も、
  最近はリネンの布巾のみ使い、拭くことにしています。 拭き終えたグラス
  このぴかぴか感が気持ちい~~~い! 最高の、仕上げにお皿拭きも

  楽しい気分になってきます。 100パーセントリネンの手触りはいいも
  のです。 アンティークリネン、これから、何十年もつかいきって、
  娘がお嫁に行くときに、ヨーロッパの伝統にならい、何枚かもたせて
  やるつもりですが・・・・・・・あと、まだ、10年もさきのことでしょうが・・・


  昔は、良家のお嬢さんといえども、自分のイニシャルを縫い付けて、
  両親や家族から贈られる、リネンのシーツや布巾を一枚一枚、

  思いをこめて作り、いまでも、すべて手作りのアンティーク・リネンが
  残っています。 そんな、針のあとを眺めるのも、たのしみですよ。



  

e0078883_6292928.jpg




   このリネンが、今私のキッチンで大活躍している、ダマクス織りの
   一枚です。しゃきっとした手ざわりで、洗濯して陰干しをして、アイロンは、
   ほとんどかけません。 古いものなので、しみなどがありますが、

   まさに、手に入れた時は、どこかのお店やおうちで、たんすの中で
   しまわれていた様子>新品でしたが、空気の流通しないところに
   おかれていて、当然フラックスのしみが出てきていました。  

   でも、何十年も、私のところで活躍する日を待っていてくれた~~~~~
   と思うと、ほろりとしてきます。  使い心地には最高点を

   付けてあげます。 *(^^)*  おかげさまで、グラスやお皿は
   ピカピカと輝いております @@@@





  
e0078883_6465734.jpg




    帰り道は、小さな駅の公園を一枚、子供は、だれも遊んでおらず、
    可愛い笑顔がのぞけなくて、残念でした!!!
    
    



               ありがとう、ワンクリック人気blogランキングへ  





  
[PR]
by petit-simon | 2006-02-17 06:50 | 懐かしい麻。リネン

☆ ショップ用の写真 ・・・・・練習版 ☆


e0078883_424941.gif



お休みもなくて、本当に苦戦の毎日が続いています。数日前から、お天気も
なんとか落ち着いてきて、もう一息で、冬が終わりそうな気配です。

トリノ冬季オリンピックもはじまって、 日本人選手の活躍を
期待して、家族は朝からTVの前で、応援しています。

私は、机の上でPCとにらめっこ!! それでも、今日は、何枚かの
商品の写真を撮りはじめることが、出来ました・・・・・・





e0078883_3262137.jpg



  ■  こんな可愛い椅子をゲットしてきました。あまりに可愛いので、
     ながめていいますが、子供も大きく成長していて、だーれも
     この椅子には、すわれませ~~ん。 小さな、お子様のいる
     おうちで、まだまだ、使えそうでしょう。

     どんな、子供がお座りしてたのかな~~~~なんて、想像して
     しまいます。





e0078883_4314592.jpg




■ そして、かなり重宝している、昔の鉄アイロンなのですが、普通の棚に
     本などを置いて、立てかけておくのにとても便利です。本が多くなれば
     アイロンの場所も移動できるし・・・・名ずけて
     「移動式ほんだな~~!」になります。 こちらのひとは、さび止めの
     入ったペンキを塗って、お洒落な重石として使います。 机の上などに

     ちょこんと乗っているのよくみかけますが、
     2つそろえておくと、かなり重宝いたします。 あれ、例によって、
     左の本が、さかさま~~~~~でした。 (ハハハ^^)


           ありがとう、ワンクリック人気blogランキングへ  






     ----------------------------




    雑感

   今フランスの学校は、お休みなんですが、中三の娘が病院に入院し
   てる子供のお見舞いに行きました。 また重いインフルエンザだと
   勘違いしていたので、あまり気にもせずに、出かけさせました。

   さて、夜になっても、なかなか
   帰宅しないので、ちょっと心配になっていたら、夕飯の前ようやく
   かえつてきて、話し出したことは、ご飯ものどをとおらないような
   出来事です。

   彼女のお友達は、14歳・・・・・・糖尿病でした。 かなり太り気味では
   ありましたが、ものすごーくびっくりしました。 子供の糖尿は、即、

   注射です。一日、3回の注射と、血糖値の計り方の訓練のため、
   3週間の入院でした。  お子様の食べすぎ、太りすぎには~~~~

   十分注意しないと・・・子供でこの病気にかかると、一生涯
   インシュリン注射しないと生きてゆけないのだそうです。  
  

   個人の差はあると思いますが、最近のファーストフードブームで、
   子供達が犠牲者になっているようです。 怖いお話です。
     
     


      
[PR]
by petit-simon | 2006-02-13 03:37 | つれずれに

★ 優雅な メーリーゴーランド でしょう?★

e0078883_24461.jpg

e0078883_237633.jpg






   あまり足を運ばないパリ市庁に用事でゆきました。 ちょうど、
   パリの地図の真ん中辺にあるとこで、セーヌ川の近くにあります。

   一番近いメトロの駅は、HOTEL DE VILLE (ずばり市庁駅)、、
   其の前は、野外スケート場が、冬のあいだ開かれていて、
   近所の子供たちの遊び場になっています。

   ちょうどアイスホッケーの練習中でした。  





e0078883_249339.jpg




   野外リンクの横には、こんな素敵なメリーゴーランドが設置してあり、
   今、冬休み中ということで、何人かの子供たちが乗っています。

   大人も乗っけてくれますから、遠慮しないで、乗り込んでみましょう!
   子供時代に戻ったような気分を味わえることでしょう!!

   巨大なオルゴールに乗っているみたい!!!

       **(^^^^)**(^^^^)***







e0078883_375278.jpg




    可愛いパリジェンヌが、こちらをみて恥ずかしそうに微笑んで
    くれました。 どこの国の子供も、可愛いな~~~

    おしゃれな女の子です・・・・・・・足元をみたら、流行のバックルいりの
    ブーツで、今日のお出かけは決めているよ!!!

    

   
   
          ありがとう、ワンクリック人気blogランキングへ  





  
[PR]
by petit-simon | 2006-02-10 03:15 | つれずれに

★ アメリーのカフェ こんなとこ ★


 
e0078883_21512428.jpg


    お約束してあった、アメリープーランの映画に使われたカフェの近くを
    うつしてきました。 まずは、アメリー、こんな女の子でした。





e0078883_21542133.jpg



   ■ 外から見たらこんな感じです。このキャフェのCafe des 2Moulins
      2つの水車のあるキャフェという名前のとうり、ムーランルージュ
      (赤い水車)フレンチカンカンで有名な劇場の近くにあります。

      なぜ、2つの水車なのかと名前の由来は不明ですが、古くから、
      モンマルトルの庶民のキャフェで、近所の常連さんたちが、

      いつもたむろしているような、あまりお綺麗なキャフェでなく、
      おトイレは、トルコ式の、流すと足元にしぶきがかかる古いもの
      が備えてあるほど、旧式のです。  それが、なぜか「アメリー」

      の映画で撮影され、多くの外国人旅行者が訪れるようになって、
      内装も、そして、上のアメリーの記念ポスターまで張られ、
      以前よりも清潔なキャフェになりつつあります。

      キャフェのお味も、上等とはいえませんが、なんとなくレトロ
      な面影を沢山残しているの、このあたりの名物キャフェなんです!



e0078883_22141426.jpg




      そして、其の近くの八百屋さん、アメリーの友達のアラブ人の
      男の子が、ご主人に文句を言われながら働いていたお店で、

      ほんとに現存している八百屋さんでした。いたずらなアメリー
      が、八百屋のご主人に小さな復讐するところが、面白くて
      大笑いをしてしまいました・・・・・・・・

       日曜日も開いているので、お塩など、足りないときは便利です。




e0078883_22214787.jpg




      それから、地下鉄アベス付近の協会です。 こんな町並みが
      このあたりは続いていて、どこに行ってもレトロな雰囲気を
      楽しめます~~~~~

      寒そうなパリの写真です、みんな春の訪れを心待ちに
      しているのです。 小さなメリーゴーランドも冬の間は、
      冬眠中・・・・・



ありがとう、ワンクリック人気blogランキングへ  



       今から、また写真撮影の勉強ですが、こんな、商品を集めて !!
       なれない作業に追われつつ・・・・・・・・・
        
       ・かご ・ホーローイリゲーター・ リネンクロス ・ガラスのボンボン
        いれ・クリスタルダルクの一厘挿し 、アルミのコランダー

    
e0078883_22311161.jpg

[PR]
by petit-simon | 2006-02-07 22:08 | フランスの記事

★ ロゴが出来上がり ★


e0078883_013255.gif






 今週はサイト作りに追われています。素人の私には、大変に根気のいる
仕事ですが、何とか続けている毎日です。  お天気も、寒いのですが、
例によって灰色の雲がたれさがり、小雨などもちょくちょくふっていて、

明るい色が求められています・・・・・・こちらの冬の、厳しくて、ながいの~~~
を経験したら、日本に飛んで帰りたい気持ちがおこります。

ホームシックにかかっているかも!!!!



e0078883_0125487.gif






  ■ 中途半端なロゴですが、いずれもう少し慣れたら新しいものを
     作りたいのす。 今は、我慢、我慢してますが、 おいしいチョコレート
     もはいっていて、プティ・シモン(シモン坊やの店)のマークには
     ふさわしいかも・・・・皆さんのご存知の、可愛い素材やさん
     紹介してください!!  おねがいしま~~~す。





e0078883_0185124.jpg







   ■ この上の、モンマルトルの名前も知らないレストラン写真もしばらく
     使うことにしました。 アンティーク風なお店のなかは、一度覗いた
     ことがあり、レトロなつりランプが優しく室内を照らしていて、

     そこには、フランスの昔のカントリーな雰囲気がただよっていて、
     なかに入りたくて・・・うずうずでしたが、お昼の時間はすぎていて、
     あきらめました。

     次回、春になったら一度、お味も試してみる予定です! その頃には、
     お店の様子も変わっているでしょう。 どんな風にかわるか・・・・・・・
     シーズン事に、レイアウトする珍しいお店のインタービューしてきま
     しょう・・・・・

     
     さて、また仕事にもどらないと~~~~夜になっちゃいます!

ありがとう、ワンクリック人気blogランキングへ  


               ★ ★ ★ ★ ★ ★


     皆さんに、本気でご心配していただいて、心から感謝しております。
     しみじみ、このブログをはじめてよかったとおもい、こころうたれて、
     おります。 ぺこり^^^^
                 *(^0^)*


     土曜日ですが、蚤の市には顔はださず、また、モンマルトルの丘に
     私用ででかけてきました。 映画 「 アメリー」 のキャフェ近く
     でうろうろとしてましたので、次の日記に記載してみま^^す@@@


     
   
[PR]
by petit-simon | 2006-02-03 00:26 | つれずれに